高級ソープの歴史

黒いブラジャー

今後の高級ソープ

高級ソープの前身は遊郭です。遊郭は江戸時代から始まる日本の性文化の象徴ともいえる存在ですが、幕末の明治時代には、全国に25ヶ所ありました。その後、戦争を終え高度成長期の日本の中で、遊郭はトルコ風呂と名前を変え、後にソープランドと呼ばれるようになりました。その時代に合わせてサービス内容は若干変わっていますが、男性を満足させるサービスである事は間違いありません。現在は、同じ風俗業でデリヘルがブームになっていて、ソープランドよりも安い料金で楽しめると人気なのですが、ソープランドでも、デリヘルと価格帯を競える格安ソープが登場していますが、やはり高級ソープのサービスの質はファンの要望も多く、高級ソープと低価格ソープの二極化が起こっています。

現在は、風俗の歴史史上、もっとも様々な種類の風俗が乱立している風俗戦国時代に突入しています。その為、高級ソープランドの需要はこれまで以上に大きく、強い物になるであろうと予想されます。風俗は、低価格帯で楽しむ事ができるセクキャバ、ヌキありのピンサロなどが有名ですが、覗き部屋、オナニー鑑賞なども人気があり、相手を気持ち良くさせようというよりは、自分が気持ち良ければ問題ないという方向性も出来上がってきています。その為、風俗嬢に求める要望自体が細分化しているので、自分の欲望に合わせた風俗選びが必要となってきています。その点、高級ソープは目的とスタイルが明確化され、差別化されていますので、ユーザーが利用しやすいので、今後も利用者が増えると予想されます。